焼肉レストラン「ソウルカルビ」の運営会社 
株式会社Farmers Kitchen Japan 
TEL:0564-54-2941 
 

夢を持ち事業家として独立を目指したい方への手紙




1)あいさつ

私の名前は金伸行(きむのぶゆき)といいます。
現在、ソウルカルビを運営する株式会社Farmers Kithcen Japanをはじめとし、計4社の会社の取締役及び社長をやっています。

これまで10年ほど、事業の本拠地を中国の内陸の大都市、四川省成都市に置いてきましたが、私が事業家となり海を越えて中国に渡るに至っては、実はとある人の影響があります。
その方は私のお師匠で、名を邱永漢といいます。
日本で初めて外国人として直木賞作家となり、その後日本の経済界では「お金儲けの神様」とか「株の神様」と呼ばれお金や人生そして幸福、時代の流れに関する本を470冊ほど書いて2年まえに亡くなった方です。

私は、このお金儲けの神様邱永漢の人生最後の弟子を務めたわけですが、それは私が東京でいわゆる外資系戦略コンサルティングファームでコンサルタントをしていた時、このお金儲けの神様に会いたいと思い手紙を書いたところから、人生は急展開をすることになりました。

そして、私は20歳の時に自分自身に約束した事業家となり、今は年間100回ほど飛行機に乗りさまざまなフードサービス、食品、コーヒー農園、人材派遣等の事業運営をやっています。



2)我々は何をしているか?

「パートナーの募集」 私が、日本に会社を作り中国から改めて日本市場に進出をしたのが2014年の初めになります。これまで10年間中国で事業を継続するなかでたくさんの苦労や失敗を経験しました。

特に中国での人材育成には苦しんだわけですが、その中で、日本という国を離れ強く日本人の優位性というか優秀性に着目をしてきました。
一方で、お師匠の「日本人は植物」という言葉を借りれば、日本人は一旦その地に根をはるとなかなか動こうとしない習性を持っていることも確かです。

今、私がやろうとしているのは、 「私がお金儲けの神様から学んだ経験や知識を日本の若者と共有し、事業を介して心から通じ合える事業パートナーを募り、一緒に世界を舞台に活躍する。」 ことです。

そして、FB上で謳われている通り焼肉店ソウルカルビの2号店を足がかりに、現在は二人のお弟子さんとともに日本事業を盛り上げております。
ソウルカルビの2号店を切り盛りしてくれるのは、私の1号弟子である小川喜継くんです。

彼は、半年前までは内装業に関わり肉体を酷使しながら働く32歳の青年でした。
パソコンもさわれない彼が、私とともに経営を勉強し、ほんの7ヶ月目で1つの店を経営するに至っていることは、皆さんから見ると不思議な光景かもしれませんが、意志を持ち努力をする人間には起きうることです。

今私たちは、この小川くんや2号弟子の大場くんに続くパートナーを募集しています。
まずは知見が多く成功確率の高い焼肉から始めていますが、別に焼肉にこだわっているわけではありません。
寿司でもいいしカフェでもバーガーでもイタリアンでもスイーツでもなんでもありです。
事業の展開場所は、日本の全ての地域をはじめとし、シドニー、ハワイ、クパチーノ、NY、バンコク、ホーチミン、香港、シンガポール、パリ……。
縁と想いのある場所であれば、そして我々チームがワクワクする場所で、なおかつ地球儀の上で確認できる場所であればどこでも構いません。
何をするか簡単に言いますと、1年間私の元で丁稚奉公をしていただきます。
生活最低限のお給与だけしか渡しません。
1年の独立カリキュラムを歩んで頂き、合格したあかつきには、事業家として独立してもらいます。
あなたに資金力がなければ私から投資なり借入を受けることになりますが、その投資の価値がないと判断されれば、1年の途中で退学ということになります。
これは、お金儲けの神様が人生の最後に貴重な時間を費やして私にやってくれたこと、世界でも稀に見る事業家の養成学校「邱永漢学校」の分校にあたります。




3)どういう人に来て欲しいか

私がどういう人と大切な人生のひと時を過ごしたいかと言えば

1)若くて夢のある人
2)勇気のある人
3)運のいい人

の3つになります。
この辺りの話は、私が寄稿している日経ダイヤモンド社のオンラインサイトをご覧になってください。
(以下に、URLを記しておきます)

4)覚悟が必要です

見方によってはあなたの人生を変えるチャンスになるわけですが、安易にチャンスだと考える人にはどうぞご遠慮いただきたいと思います。
実際、私が邱永漢学校に入学した10年前、私は年収では日本を離れる前の13分の1というちょっと常識では考えられないような生活をし、東京で住んでいた明るい綺麗な部屋とサヨウナラをして、薄暗いネズミが出る部屋から再出発を切ることになりました。
そして、私だけでなく妻や家族にも負担を強いるような時を過ごしてきました。
邱永漢は事業資金以外で私にお金を渡すことは一回もありませんでしたし、一緒に食事する時に少し値が張るメニューを頼めば烈火のごとく我々弟子をしかりつけました。
お酒を多く注げば、そのお金はだれが払うのかと叱られ、静かにしていると気が利かないとまた叱られました。
私のところに来る人は、おそらく大変な苦労をすることになると思います。
それでも、自分の人生に挑戦をしたい人はご連絡ください。

5)最後に 私たちがやっていることは、普通の会社の活動としては少し変わったことです。
だからこのやり方が、全員の方に合うわけではないと考えます。
大切なのは、邱永漢の、そして我々の考え方を理解しそれに同調できるかどうかです。

私が下記する参考をよくよく読んでそれでもまだ、やりたい気持ちと覚悟がある方だけご応募ください。


参考1 
邱永漢主催のサイト 「もしもしQさん」

参考2 
邱永漢先生のサイト内の私のコラム 「成功の都からの便り」

参考3 
日経ダイヤモンド オンラインサイト ZAI内の私のコラム『中国・成都の焼肉店「牛牛福」風雲記』

参考4 
ITオンライン雑誌「BCN」掲載のインタビュー記事『コンサルタントを続けるか、事業家に転身するか。
迷う先に見えたのは「お金儲けの神様」だった』




応募方法は上記参考3の中に書いてあります。
もしくは、Facebookを通じて大場くんに連絡を取って見てください。
見込みのある方に私が日本にいる際にお会いすることになると思います。
改めてよくよくご検討の上ご連絡ください。

成都から上海に飛ぶ飛行機の中で

金 伸行

 
 
 
 
Copyright (C) 2015 Farmers Kitchen Japan All rights reserved.
   焼肉レストラン「ソウルカルビ」の運営会社 株式会社Farmers Kitchen Japan TEL:0564-54-2941